忍者ブログ

Top

power spot. へようこそ!
このサイトはじどりの創作活動(RPGツクールXPで製作しているゲームの公開、ゲーム系グラフィック素材の配布、ホームページ製作など)を紹介するサイトです。


現在配布中のゲーム  : BUTLURN.(第一話のみ) download.gif


「ちま鍋」を配布中です。
主制作、立ち絵、マップなどを担当しました。

[75] [74] [73] [72] [71] [70] [67] [66] [65] [64] [63]
 ya06.gif 2008年 03月 04日  SketchUpを使おう! ~その3 基本的な使い方~
Sketch Upの基本的な使い方を紹介します。

そのまえに・・・ 3Dソフトの概念というか、これだけは頭に入れておいて欲しいていうことを。

02_01.jpg普段の生活においての「空間」。それは3次元で構成されます。
分かりやすい言葉で言えば「」、「」、「高さ」ですね。

3Dソフトとは、その3次元の「座標」を認識することが第一です。

パソコンで絵を描くことを想像してください。
その紙が「平面(2次元)」ならば、3Dソフトは「空間(3次元)」です。

難しい言葉でつづっていますが、要は「」、「」、「高さ」です。
言い換えると「X軸」、「Y軸」、「Z軸」です。




さて、インストールしたSketch Upを起動してみましょう。
すると、ウィンドウの上に次のようなアイコンが並んでいます。



これは、「ツールバー」と言います。

(1) 線を引く
平面に線を引きます。

02_02.jpg始点をクリック後、端点をクリックします。
すると、始点から端点まで直線が描かれました。


(2) 四角を描く
平面に四角を描きます。

02_04.jpg四角の頂点になる座標をクリックします。
その後、その対角になる点の座標をクリックします。
すると、長方形(正方形)が描かれました。



(3) 円を描く
平面に円を描きます。

02_07.jpg円の中心点となる座標をクリックします。
その後、円の半径となる座標をクリックします。
すると、円が描かれました。



(4) 平面の高さを変える(プッシュ/プル)
平面のオブジェクトの高さを変えます。

02_08.jpgプッシュ/プルのアイコンをクリック後、任意のオブジェクトにカーソルを移動させます。
すると、オブジェクトの平面部分が選択されます。

02_09.jpg選択されたら、マウスをドラッグ&ドロップします。
平面部分の高さが変更されました。




(5) 視点を変える(オービット)
画面の視点を変更します。

02_10.jpgオブジェクトが見づらいときなど、視点を変えたいときに使用します。
マウスをドラッグ&ドロップします。
視点が変更されました。


ごく基本的なツールを紹介しました。
簡単なオブジェクトしか作成出来ないように思えますが、ここからがSketch Upのすごいところです。
特に「プッシュ/プル」の機能はすばらしすぎます。この機能こそがSketch Upの醍醐味とも言えるかもしれません。

次回はもう少し複雑なオブジェクトを作成してみようと思います。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


spacer.gif
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Blog内検索


power spot.
モバイルサイト

qrcode.png
Copylight 2000-2007 power spot. All Right Reserved.